ニュース

米国男子マルコーニ ペンシルバニアクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2001年 マルコーニ ペンシルバニアクラシック
期間:09/20〜09/23 場所:ローレルバレーGC(ペンシルバニア州)

日本でもお馴染みのN.プライスが6アンダー暫定首位

未だ緊張した情勢の続く米国内だが、メジャーリーグベースボールに続き、ゴルフトーナメントも今週から再開となった。選手にとっては1週間ぶりの試合となる。

マルコーニ ペンシルバニアクラシックの初日は日没サスペンデッドになった。ジンバブエのN.プライスが6アンダーで暫定の首位に立った。この日、早めのスタートとなったプライスは、順調にバーディを重ね、14番ホールで8アンダーまで伸ばした。しかし、後半15、17番でボギーを叩いてしまった。

<< 下に続く >>

半分以上の選手がホールアウトできていない状況だが、プライス同様早めにスタートできた選手がスコアを伸ばした。2位には5アンダーのP-U ヨハンソン、4アンダー3位には若手注目株のC.ハウエルがつけている。

また、3アンダーの4位グループにはM.カルカベッキアS.フレッシュC.ディマルコなど実力ある選手が並んでいる。

日本の丸山茂樹は6番ホールを終了して、2バーディ、2ボギーと出入りの激しいゴルフでイーブンパー。横尾要は10番からスタートし、13番ホールを終了して全てパー。共に暫定53位で明日行われる残りのラウンドに臨む。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 マルコーニ ペンシルバニアクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!