ニュース

米国男子サザンファームビューロクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

サザンファームビューロクラシック
期間:10/31~11/03  場所: アナンデールGC(ミシシッピ州)

上位は変わらず。横尾要は無念の予選落ち、シード権は失った

順位 選手名 通算 合計
1 B.エルダー -12 132
2 D.パパス -10 134
2 L.ドナルド -10 134
2 J.ベアード -10 134
2 C.ベックマン -10 134
2 B.ファクソン -10 134
7 Chad.キャンベル -9 135
7 K.トリプレット -9 135
9 J.マガート -8 136
9 Ch.スミス -8 136

スコア詳細を見る

米国男子ツアー最終戦「サザンファームビューロクラシック」の2日目。初日に7アンダーをマークして単独首位に立ったブラッド・エルダーが、この日も5ストローク伸ばして首位をキープしている。

10番ホールからスタートしたエルダーは、初日同様連続バーディを奪い勢いに乗った。15番パー3、18番パー5でもバーディを奪い、後続を引き離しにかかった。後半はボギーを3つ叩いてしまったが、5番パー5でイーグルを奪うなどスコアを1つ伸ばした。

エルダーを2打差で追うのは総勢5人。そのうち4人は初日も2位に入っていたが、揃って4ストローク伸ばした。しかし首位のエルダーが5つ伸ばしているので、1つ差が開いてしまった。

その中の1人、昨年この大会で優勝したキャメロン・ベックマンも5バーディ、1ボギーでスコアを伸ばしている。今シーズンのベックマンは、シーズン前半は好調を維持していたが、終盤は予選落ちが続いている。先週のビュイックチャレンジまで4試合連続。相性の良いこの大会で再び優勝することができるだろうか。

首位のエルダーと同じく5ストローク伸ばしたブラッド・ファクソンが、2位グループに加わり、この日のベストスコア6アンダー66をマークしたチャド・キャンベルが、25位から7位タイまで浮上してきた。

そして、今週の最終戦に来季のシード権獲得を狙った横尾要だが、スコアを崩して予選落ちとなった。5番パー5でバーディを奪ったが、ボギーを3つ叩き通算1オーバーになってしまった。予選通過ラインまで3打足りなかった。

これで、来シーズンのフル出場はできなくなったが、ツアーに出場する道は残っている。現在のランキングでは150位以内に与えられる準シードとなる。


特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
世界一の称号を争う「全英オープン2018」7月19日いよいよ開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~