ニュース

米国男子タンパベイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 タンパベイクラシック
期間:09/19〜09/22 場所:イニスブルックリゾート・コパーヘッドコース(フロリダ州)

韓国の崔京周が首位をキープ。田中秀道も6位に浮上してきた!

米国男子ツアー「タンパベイクラシック」の2日目。初日の悪天候によるサスペンデッドの影響で、この日も進行が大幅に遅れ、全員がホールアウトすることは出来なかった。

初日8アンダーをマークして単独首位に立った韓国の崔京周が、ボギーを3つ叩きながらもバーディを6つ奪って3ストローク伸ばした。通算11アンダー、2位に2打差をつけて首位をキープしている。

9アンダー2位には、同じく3ストローク伸ばしたR.パンプリング。8アンダー3位にはP.ペレスが4ストローク伸ばして5位から浮上してきた。ペレスは16番ホールを終えたところで、この日のラウンドを終えた。明日早朝から残り2ホールを消化し、第3ラウンドに入る予定だ。

上位陣でスコアを伸ばせなかったのは、初日3位のビリー・アンドレードだけ。先週の雪辱に燃えるアンドレードが、決勝ラウンドで再びスコアを伸ばしてくるか注目される。そして、アンドレードと同じ5アンダー6位は日本の田中秀道が浮上してきた。

2アンダー14位からスタートした田中は、初日同様スタートホールで幸先の良いバーディを奪った。しかし、この日もボギーを2つ叩き、なかなか勢いに乗れなかったが、最終18番をバーディフィニッシュ。明日につながるいい形でホールアウトすることができた。先週自己最高の7位をマークしたが、今週はさらに上位が狙える位置にきている。

5ヵ月ぶりのツアー復帰を果たした18歳のタイ・トライオンは、初日2オーバー86位と出遅れた。しかし2日目、前半からバーディを積み重ね、13番ホールを終了して3アンダーまで伸ばしてきた。

また、トライオンと同じ組でラウンドしているケーシー・マーチンはスコアを崩し予選通過が厳しい状況になっている。マーチンといえば、先天性歩行障害を持つプロゴルファーとして、唯一乗用カートの使用が許可されている選手。現在予想される予選通過ラインは1オーバー。現在4オーバーのマーチンは、残り5ホールで3ストローク以上伸ばさなければならない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 タンパベイクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!