ニュース

米国男子エアーカナダ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

エアーカナダ選手権
期間:08/29~09/01  場所: ノースビューG&CC(カナダ)

丸山12位タイまで後退

順位 選手名 通算 合計
1 C.バーロウ -10 132
2 R.アレンビー -9 133
2 D.ゴセット -9 133
2 P.ロナード -9 133
5 G.サワーズ -8 134
5 St.ローリー -8 134
5 K.サザーランド -8 134
8 S.エイムズ -7 135
8 B.マカリスター -7 135
8 R.サバティーニ -7 135

スコア詳細を見る

米国男子ツアー「エアーカナダ選手権」2日目。ツアー未勝利のクレイグ・バーロウが10アンダーでトップに立った。

バーロウは、昨年末から臀部、そして肩と2度にわたる手術で体の調子はまだ万全ではないが、忍耐力でそのハンデを補ってきた。

「忍耐の連続だったが、『我慢し通す』と自分に約束したから耐えることができた。決勝ラウンドでは一流選手たちと張り合うことになるが、この満身創痍の体でどこまでできるか試してみたい」と、週末に向けてもポジティブだ。バーロウはツアー未勝利で、今季はジ・インターナショナルでの7位タイが最好成績。ツアー初優勝者を輩出してきた今大会で、バーロウも初優勝を遂げることができるか楽しみだ。

2位には、豪州のロバート・アレンビー、ピーター・ロナードと、注目の若手デビッド・ゴセットが入った。アレンビーは先週のNEC招待で2位フィニッシュを飾っており調子は上々。2日目のベストスコアとなる62をマークして、一気に浮上してきた。ちなみに、62はアレンビーにとっても自己ベストとなる。アレンビーは先週、先々週とコースレコードを記録しており、今日もあと1ストロークでコースレコードタイという快記録がかかっていた。

「ラウンド途中で、コースレコードを聞こうと思った。誰かが教えてくれたら、狙っていったのに」と、好スコアにも関わらず落胆していた。この徹底ぶりが、好調さの秘訣なのか。

日本の丸山茂樹は、6アンダー、12位タイで決勝ラウンドに進出した。17番ホールまでは8アンダーで首位と2打差につけていたが、最終ホールで痛恨のダブルボギーを叩きスコアを落としてしまった。しかしまだ4打差。巻き返しに期待したい。

横尾要田中秀道は、横尾が1オーバー、88位タイ。田中が3オーバー、110位タイで予選落ちとなった。トータル1アンダー、67位タイまでの77名が決勝ラウンドに駒を進めた。


特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
世界一の称号を争う「全英オープン2018」7月19日いよいよ開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~