ニュース

米国男子リノタホオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 リノタホオープン
期間:08/22〜08/25 場所:モントレックスG&CC(ネバダ州)

チャンスだ!秀道。首位に4打差9位で最終日へ

米国男子ツアー「リノ・タホ・オープン」の3日目。首位には12アンダーのクリス・ライリー、ジョナサン・ケイスティーブ・フレッシュの3人が並んでいる。7アンダーからスタートしたライリーは、スタートの1番から5ホール連続バーディというロケットスタートをきった。

一気に12アンダー首位に立ったライリーだが、その後は連続バーディを叩くなど勢いを失った。それでも、12アンダーをキープして最終日を迎える。

<< 下に続く >>

同じく首位のケイは、前日8バーディとアグレッシュブなプレーを見せたが、この日は3バーディ、ノーボギーと堅実なゴルフ。2日目に首位に立ったフレッシュも3バーディ、1ボギーと静かなゴルフで上位陣は混戦となっている。

この日最もスコアを伸ばしたのはベテランのクレイグ・スタドラーだった。8バーディ、1ボギーで11アンダーの単独4位となっている。現在49歳のスタドラーは、日本のゴルフファンにもなじみの多い選手だ。来シーズンにはシニア入りを控えたベテランが、1996年のNISSANオープン以来、13個目の優勝を狙う。

そして注目したいのが、順調にスコアを伸ばす田中秀道だ。8番でボギーが先行したが、続く9番ですぐに取り返した。中盤にスコアを1つ伸ばすと最終18番も右に流れる難しいラインを読みきり、バーディフィニッシュ。首位と4打差で最終日を迎えることになった。つねにトップ10入りを意識してきた田中だが、今週は優勝も狙える位置につけている。最終ホールのバーディが明日のラウンドにつながることを期待する。

スタドラーの次にスコアを伸ばしたのは横尾要だった。初日山あり谷ありの激しいラウンドをした横尾は2日目もスコアを伸ばせずイーブンパー。ぎりぎりで予選を通過したが、決勝ラウンドに進出して持ち前のバーディラッシュを披露した。

5バーディ、ノーボギーのラウンドで61位から19位にジャンプアップ。「痛めていた右手首はあまり気にならない。練習は少し控えめにしている」という横尾は、最終日に7つ伸ばして12アンダーを目標にしている。来シーズンのシード権確保のためにも、この試合で稼いで安心したいところだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2002年 リノタホオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!