ニュース

米国男子 シェル・ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

シェル・ヒューストンオープン
期間:03/29~04/01  場所: レッドストーンGC(テキサス州)

マスターズへの最後の切符を掴むのは?

2012年 シェル・ヒューストンオープン 事前 フィル・ミケルソン
昨年優勝のフィル・ミケルソン、今年もマスターズに向け最終調整を兼ねて試合に挑む(Michael Cohen/Getty Images)【拡大写真】

米国男子ツアーの今季第15戦「シェル・ヒューストンオープン」が、3月29日(木)から4月1日(日)までの4日間、テキサス州のレッドストーンGCで開催される。昨年は、大会3日目に首位タイに浮上したフィル・ミケルソンが、バーディ合戦を制し、通算20アンダーまでスコアを伸ばして優勝を飾った。

この大会は例年、マスターズの前週に開催されることから、マスターズに照準を合わせた多くの選手が出場を見合わせる。その一方、ミケルソンのように試合を続けながら調整を行う選手も存在する。ミケルソンは、ディフェンディングチャンピオンとして今年も出場を予定している。

マスターズの出場資格は、前週の「アーノルド・パーマーインビテーショナル」を終えた時点での世界ランキング50位までにほぼ絞られているが、最後のチャンスとなるのがこの大会である。この大会で優勝した選手には、翌週のマスターズへの最終切符を手にすることになっている。

前週、3位以内に入れば世界ランキング50以内に食い込み、20年連続でのマスターズ出場がかかったアーニー・エルス(南アフリカ)は、惜しくも4位タイに終わり、今週のラストチャンスにかける。日本からは今田竜二が出場、その可能性がゼロではない限り全力を出して優勝を狙ってもらいたい。

【主な出場予定選手】
フィル・ミケルソンアーニー・エルスリー・ウェストウッドスティーブ・ストリッカーリッキー・ファウラー、チャール・シュワルツェル、今田竜二


特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
世界一の称号を争う「全英オープン2018」7月19日いよいよ開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~