ニュース

米国男子ターニングストーン・リゾート選手権の最新ゴルフニュースをお届け

M.クーチャー、プレーオフでV.テイラーに勝利!

ニューヨーク州にあるアトゥンヨートGCで開催されている、米国男子ツアー第39戦「ターニングストーン・リゾート選手権」の5日目。前日から持ち越されたマット・クーチャーとヴォーン・テイラーのプレーオフは、6ホールに渡る接戦の末、クーチャーが勝利を収めている。

日没によりこの日に持ち越されたクーチャーとテイラーの一騎打ち。前日、2ホールを消化し、お互い一歩も譲らぬまま終えた戦いは、日付がかわっても接戦は続いた。この日最初のホール、通算3ホール目となる13番(PAR4)での戦いでは、いきなりお互いがボギーを叩く波乱含みの幕開け。

どちらも崩れるわけにはいかない通算4ホール目は18番(PAR5)。前日に続いて2度目となるプレーは、どちらもイメージ通りにバーディを奪い合って引き分け。続く5ホール目は12番(PAR5)。ここでも前日と同じくパーセーブをして勝負は再び13番へと持ち越される。

どちらもボギーを叩き苦しんだ13番での戦いは、クッキリと明暗が分かれた。テイラーが修正できないままダブルボギーを叩いたのに対し、クーチャーはバーディを奪取。2002年にツアー初勝利をマークした思い出の大会で、今季初勝利を手に入れた。

M.クーチャーとV.テイラーのプレーオフは翌日に持ち越し!

ニューヨーク州にあるアトゥンヨートGCで開催されている、米国男子ツアー第39戦「ターニングストーン・リゾート選手権」の4日目。マット・クーチャーとヴォーン・テイラーがプレーオフで争っていたが、日没によりサスペンデッドとなった。

最後の最後まで優勝を争っているのは、首位で最終日を迎えたクーチャーと、6位タイから順位を上げてきたテイラーの2人。ともに通算17アンダーでホールアウトし、勝負はプレーオフの場へ。18番パー5で実施されたプレーオフ1ホール目は、ともにバーディをマーク。続く12番パー5での2ホール目もお互いに譲らず今度はパー。この段階で日没サスペンデッドとなり、2人の勝負の行方は明日に持ち越されることとなった。

プレーオフを争っている2人以外の順位は、通算16アンダーの3位タイにティム・ペトロビックとリーフ・オルソン。現時点で賞金ランク214位につけているオルソンは、今大会の結果で大幅な賞金上積みとなり、来季シード権獲得に大きく近づいたと言えるだろう。

通算15アンダー、5位タイにはジミー・ウォーカージョン・センデンの2人が並んでいる。また通算14アンダー、7位タイには、オーストラリアのロッド・パンプリングの他、欧州ツアーを主戦場とするジーブ・ミルカ・シン(インド)が食い込み、その実力を見せている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ターニングストーン・リゾート選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。