ニュース

米国男子バークレイズクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 バークレイズクラシック
期間:06/23〜06/26 ウェストチェスターCC(ニューヨーク州)

田中はパッティングに悩まされ14位に後退

ニューヨーク州、ウェストチェスターCCで行われている、米国男子ツアー第26戦「バークレイズクラシック」の3日目。予選ラウンドを3位タイで終えて首位と2打差の3位タイと、絶好の位置につけていた田中秀道だが、この日は我慢の一日となった。

この日、ティショットのフェアウェイキープ率100%、パーオン率83%とショットが冴え渡っていたが、パッティングが37回と全く入らず、フラストレーションの溜まるラウンドになった。田中は、5番パー5でバーディを奪い、順調なスタートを切ったかに思われたが、6、7番で連続ボギーを叩き後退。その後もボギーが止まらず、1バーディ5ボギーで周り、通算2アンダーの14位タイに順位を下げた。ショットの調子が良くなっているだけに、最終日の爆発に期待したい。

初日から首位を走るジム・フューリックに追いついたのは、パドレイグ・ハリントン(アイルランド)。この大会、ショットが切れているハリントンは、アグレッシブなゴルフを展開し、6バーディ3ボギーの内容でホールアウト。通算9アンダーでフューリックと並び、明日の決勝ラウンドに挑む。

また、通算7アンダーの3位タイに、パターの名手ブラッド・ファクソンと、ブライアン・ゲイ。通算5アンダーの5位に、世界ランキング2位のビジェイ・シン(フィジー)など3人が控えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 バークレイズクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。