ニュース

米国男子ジェネシスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

腰痛のウッズ 記者会見も突然キャンセル、早期復帰に暗雲

◇米国男子◇ジェネシスオープン 事前情報(15日)◇リビエラCC(カリフォルニア州)◇7322yd(パー71)

腰痛で今大会の出場を辞退したタイガー・ウッズが、当地で15日(水)に予定されていた記者会見を突然キャンセルした。

ウッズは2週前の欧州ツアー「ドバイデザートクラシック」を腰のけいれんにより途中棄権し、今大会と来週の米ツアー「ザ・ホンダクラシック」の出場を取りやめた。

大会は今年、前身の「ノーザントラストオープン」からメーンスポンサーが変更され、ウッズの主宰する基金が運営に加わり、開幕前日には当地で公式会見の予定が組まれていた。しかし、14日(火)の夜に突然中止が決定した。

現地メディアによれば、ウッズは自宅のあるフロリダ州からカリフォルニア州ロサンゼルス近郊に空路で移動してきたが、医師の「横になっていた方がいい」というアドバイスに従った。ウッズの代理人、マーク・スタインバーグ氏は「腰のけいれんが治まればよかったが、そうならなかった」とコメント。早期の復帰に暗雲が垂れ込めた。(カリフォルニア州パシフィックパリセーズ/桂川洋一)

関連リンク

2017年 ジェネシスオープン




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~