ニュース

米国男子SBSトーナメントofチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 SBSトーナメントofチャンピオンズ
期間:01/05〜01/08 プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)

松山英樹、終盤ダボも首位に接近 7バーディ量産で6位浮上

2017/01/07 13:15


◇米国男子◇SBSトーナメントofチャンピオンズ 2日目(6日)◇プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)◇7452yd(パー73)

首位と4打差の7位タイからスタートした松山英樹は、終盤17番をダブルボギーとしたものの18番(パー5)でバーディを奪い返し、7バーディ、1ダブルボギーの「68」をマーク。首位との差を3打に詰め、通算9アンダーの6位タイで大会を折り返した。

ショットは引き続き安定。初日から首をひねるパットは2日目も「(良い)感触はなかった」というが、前半からバーディを重ねて首位に詰め寄った。3番から3.5m、2.5m、3mと決めて3連続。さらに8番(パー3)では、グリーン右の傾斜を使ってピン左1.5mに寄せて4つ目。続く9番(パー5)も30ydの3打目をピンにからめ、通算9アンダーで早々に首位に並んだ。

「やっぱり痛かった」と振り返ったのは、初日の最難関ホールにランクされた17番。1Wの1打目を左に曲げ、ボールは茂みの中へ。ピンまでは残り247yd、グリーンの手前には深い谷が待ち受けている。「ライは良くなかったけど、行けるかなと思った」。5Iで強振したが、空中で失速して谷底へ。最終的に4オン2パットとし、「状況判断ができていなかった。仕方ない」と肩を落とした。

それでも、すぐに流れを呼び戻すのが今の松山だ。最終18番では3オン1パットとし、バーディフィニッシュに「大きかった」とうなずいた。「そんなに良い感じじゃないゴルフでも、この位置にいられている。悪くはない位置でホールアウトできているので、少しでも伸ばしていきたい」と、バーディ合戦必至の後半戦に目を向けた。(ハワイ州カパルア/塚田達也)

関連リンク

2017年 SBSトーナメントofチャンピオンズ




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~