ニュース

米国男子WGC HSBCチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

霧雨が作ったラインに困惑 谷原秀人は出遅れ48位

2016/10/27 18:58


◇世界ゴルフ選手権◇WGC HSBCチャンピオンズ 初日(27日)◇シェシャンインターナショナルGC(中国)◇7266yd(パー72)

パットの名手がグリーンで惑わされた。日本ツアーから出場の谷原秀人は1バーディ、1ダブルボギーの「73」。1オーバーで出場78人中48位タイと出遅れた。

<< 下に続く >>

心配していたショットは「きょうに限っては悪くない」と言える状態まで持ち直した。フェアウェイを外したのはパー3を除く14ホールのうち3ホールだけと安定。雨の落ちたせいでボールが転がらず、体感距離が長くなったコースではパッティングの重要度が高くなるが、2012年から3年連続で日本ツアーの平均パット部門で1位になった実力者は、持ち味を生かすことができなかった。

「こういう霧雨なんで…前の組が作った“ライン”があるんです」。前の組をプレーする選手たちが作る、小さな水滴の上をボールが転がった線がカップ周りに多く残ったこの日。谷原は「その通り打ったら逆に行くというパターンが多かった」という。

スコアが動いたのは2mのバーディパットを沈めた5番と、風を読み違えてティショットを池に入れダブルボギーとした6番(パー3)のみ。あとはことごとく、パットが外れた。最終18番も、4mほどのチャンスを逸して首をひねるばかり。「(ラインが)くっきり出ているんでね。最後もフックしている跡があった。だから、スライスはないなと思って打ったけど、それがスライスしている…。ヒントが、ヒントになっていない」と悔しがった。

予選落ちのない4日間大会とはいえ、大幅な世界ランクアップのチャンスである今大会をこのまま静かに終わらせるつもりはない。「(練習ラウンドと合わせて)まだ2ラウンド目だから。もう少し分かってくれば…」と巻き返しに強い意欲を見せた。(中国・上海/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 WGC HSBCチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!