ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 全米プロゴルフ選手権
期間:07/28〜07/31 場所:バルタスロールGC(ニュージャージー州)

池田勇太は五輪へイーグル締め 谷原秀人「あとはパットだけ」

今季の海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」に出場した日本人3選手は、全員が4日間を戦い抜いた。最上位は松山英樹の4位タイだったが、谷原秀人池田勇太の2人もそれぞれ通算3アンダーの33位タイで終え、賞金4万5289ドル(約460万円)を獲得した。

谷原は、前日に悪天候で中断し最終日に再開した第3ラウンドで、後半に4ボギーをたたいて「73」(パー70)。「朝からコーヒーをこぼしたりして、集中力がなかった。なんかおかしいなと…」と首をひねったが、続く最終ラウンドは3バーディ、ノーボギーの「67」。午後は本来の力を発揮した。

<< 下に続く >>

「全体を通してショットは良かったし、あとはパットだけ。みんなそうなんだろうけど、それが決まっていれば、トップ10を狙えるところでできたと思う」と一週間を総括。「それが分かっただけでも収穫だし、飛距離アップと、きちっとバーディが獲れるところにつけられる精度」と、今後に向けた課題を挙げた。

一方、組み替えなしとなった決勝36ホールを、ジョーダン・スピースとともに回った池田は「僕の影なんか薄い感じだけど、こういう機会はそうもない」と奮起した。最終ラウンドの最終ホールで2オンに成功すると8mを沈めるイーグルフィニッシュ。大観衆の声援に両手を挙げて、満面の笑みで応えた。

「マスターズ」を除く、今季のメジャー3大会に出場し「レベルというか、雰囲気に慣れてきた」と池田は言う。「自分に足りないものはまだまだ一杯あると思うし、納得しているわけでもない。課題が少しずつ見えてきた」とメジャーでの戦いを振り返った。

池田の次戦は、リオデジャネイロ五輪となる。この後、数日は米国に滞在してクラブテストなどを行う予定。5日(金)の開会式には間に合わないが、「現地のコースを見て、しっかり勉強するのが一番」と、早めに現地入りする予定だという。

「(オリンピックは)初めてだから実感は湧かないけど(普段の試合と)違うことは優勝か、2位か、3位だけ。それ以外は4位でもビリでも一緒だということ。そこだけ考えてやりたい」と、目標は明確だ。(ニュージャージー州スプリングフィールド/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 全米プロゴルフ選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!