ニュース

米国男子プエルトリコオープンの最新ゴルフニュースをお届け

37年ぶり プエルトリカンが首位に立つ

ココビーチゴルフ&CCで開幕した米国男子ツアー「プエルトリコオープン」初日。地元プエルトリコのラファエル・カンポスが「64」で回り、8アンダーの単独首位発進を決めた。

クラブハウス内で現地の女性スタッフが騒ぎはじめたのは、12番で4連続バーディを決めた頃。カンポスが午前中にプレーを終えたジョージ・マクニールとトップで並んだときだった。15番(パー5)で8つ目のバーディ奪い単独首位に立つと、場内はいっそう色めき立った。

プエルトリカンがラウンド終了後にトップに立ったのは、通算8勝の世界殿堂入り選手であるチチ・ロドリゲスが最後に優勝を飾った1979年「タラハシーオープン」第3ラウンド以来となった。

27歳のカンポスはPGAツアー・ラテンアメリカで、昨シーズンの賞金ランキング3位に入り、今季の米下部ウェブドットコムツアー出場権を獲得。米国PGAツアー参戦は今大会が9試合目…というか、出場した試合はこのプエルトリコオープンだけで、今年で9年連続の参戦だ。この日の「64」は同大会での自身のベストスコアを3つも更新。世界ランキングは591位で、リオデジャネイロ五輪の出場権獲得圏外だが、新鋭に寄せられる期待は厚い。(プエルトリコ・リオグランデ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 プエルトリコオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。