ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 マスターズ
期間:04/11〜04/14 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

T.ウッズが最年少出場の14歳とオーガスタで練習ラウンド

今季の海外メジャー初戦「マスターズ」は、開幕初日の11日(木)に新たな記録が生まれる。昨年11月の「アジアパシフィック・アマチュア選手権」を制した中国のグァン・ティンランが、14歳5か月17日の若さでティオフ。2010年大会に16歳11か月で出場したイタリアのマッテオ・マナッセロが樹立した史上最年少記録を更新、また4大メジャーにおいても、昨年の「全米オープン」に14歳6カ月で出場したアンディ・チャンの記録を抜いて最年少となる。

昨年まで2年連続で松山英樹が腰を据えてきたアジア最強アマの座を奪い、オーガスタにたどり着いたグァン。開幕3日前の8日(月)には、午前中にマスターズ2勝の61歳、ベン・クレンショーと練習ラウンド。その後公式会見に出席した。

ドライバーの飛距離は250ヤード前後。このモンスターコースでは厳しい戦いを強いられることは必至だ。それでも「僕の飛距離が足りないことは分かっているけれど、このコースでも戦えると思っています」と真剣な目つき。「スタートの時はプレッシャーも感じるでしょうが、あまり自分を追い込まないように。目いっぱい楽しんで、良いショットを打ちたい」と話した。

そして午後にはさらなるサプライズが。タイガー・ウッズに誘われ、3時過ぎに再び練習ラウンドに出たのだ。ダスティン・ジョンソンを交えた3サムの周りには大ギャラリーが帯同。インの9ホールを回り、16番(パー3)では3人が一斉に水切りショットに挑んだ。

グァンとウッズは過去にも2010年に上海で行われた「HSBCチャンピオンズ」のプロアマ戦や、ナイキゴルフのイベントなどで一緒にプレーした経験がある。それでも14歳は「マスターズで彼を見るのが楽しみだったから、最高に興奮しました」と、18番グリーンで丁寧に帽子を取りながら、力強く握手を交わした。

一方のウッズも終始笑顔のラウンドに。自身がマスターズで初勝利を挙げた97年当時には、まだ生まれてもいなかったグァンについて、素直に驚きを表現する。「彼は高校のチームのためにもプレーしないんだよ。だってまだ中学生なんだから!そしていま、マスターズに出ている。本当にびっくりするよ」。同じフィールドで戦うプレーヤーを“kid”と表現しながらも「良い時間を過ごせた」と明るい表情を見せていた。(ジョージア州オーガスタ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。