ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全英オープン
期間:07/14〜07/17 ロイヤルセントジョージズGC(イングランド)

池田勇太が1アンダー18位タイ発進!

今季の海外メジャー第3戦「全英オープン」が14日(木)、イングランドのロイヤルセントジョージズGCで開幕。3年連続の出場となる池田勇太が、2バーディ、1ボギーの「69」をマークし、1アンダー18位タイの好スタートを切った。

予想されていた通りの強風がリンクスコースを吹き抜けた初日。池田は前半から我慢のゴルフを続けた。3メートルのパーパットを沈めた3番、続く4番ではティショットを傾斜のある左のラフへと打ち込んだが、そこからグリーンをとらえてパーを奪った。

9番までスコアカード通りの数字を並べると、後半最初の10番でセカンドをピンそばに寄せてバーディを先行させた。14番では2メートルを確実に決めて2つ目。続く15番では4メートルのパーパットを沈めたが、緩やかなフックラインを読み切り、右手で力強くガッツポーズ。17番はアプローチのミスでこの日唯一のボギーを叩いたが、堂々のアンダーパーをマーク。

「よく我慢しながらいいゴルフができた。17番のアプローチ以外は良かった。こういうコースなので、とにかくボギーを打たないこと、『パーを、パーを』という気持ちでいた」。同組のイアン・ポールターダスティン・ジョンソンという英米のタレントが大きな注目を浴びる中、存在感を際立たせ、英国リンクスの風も肩で切って歩いてみせた。

世界ランク上位者に今大会の出場条件を複数満たした選手が続出したことで、現在、ランキング68位の池田にまで出場権が繰り下がり、3年連続で全英切符を手に入れた。しかし前週に急遽
出場が決まったことで、あわただしく渡英してきた。今季の日本ツアー中盤戦から投入を予定していたアイアンセットを、勝手の違うリンクスでいきなり使用。さらに、開幕前日には福田キャディのアドバイスを受け、パターをこれまでのマレット型からピン型のものにスイッチした。

好スタートにも「まあ、うまくいったんで良かった」と過剰な喜びも無く振り返る。「明日もパーを取って頑張っていきたい」と冷静だ。淡々と最後まで忍耐を続けることこそが、全英攻略につながることは十二分に知っている。【イングランド・サンドウィッチ/桂川洋一】

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。