ニュース

米国女子マイヤーLPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 マイヤーLPGAクラシック
期間:06/16〜06/19 場所:ブライズフィールドCC(ミシガン州)

野村敏京、終盤に乱調 首位と6打差「トップ5とイーグル目指す」

2016/06/19 09:32


ミシガン州で開催中の米国女子ツアー「マイヤーLPGAクラシック」3日目、6位から出た野村敏京は4バーディ、3ボギーの「70」。上位の選手が60台をマークする中、スコアを伸ばせず、通算9アンダーの11位に後退した。

ピン右から5mをねじ込んだ3番でバーディを先行。8番と11番の2つのパー5で2オンに成功し、バーディを奪って伸ばした。12番(パー3)もピン奥1.7mにつけて、2連続バーディとした。

<< 下に続く >>

しかし突如、歯車が狂い始める。13番と15番でいずれも、1m前後のパーパットを決められなかった。「(13番は)ストレートに見えたが、最後にフックした。ストロークの問題ではなく、グリーンの傾斜があまり見えなかった」

17番でもグリーン右の深いラフからのアプローチがカップを3mオーバーし、ボギーを喫した。初日の28パット、2日目の26パットに対し、この日は31パット。2日目より1つ多い12ホールでパーオンしながら、チャンスを決めきれない場面もあり、グリーン上で苦しんだ。

13番から3つのボギーをたたいたのは、2日目と同じ展開。「いい流れで来ていたのに、そこからずっとボギーでもったいなかった」と、眉間にしわを寄せた。

首位との差は2打から6打に広がった。「優勝はできないと思うが、トップ5を目標にしたい」と表情を引き締めた後、パー5で「明日はイーグルを獲ります」と白い歯を見せて笑った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 マイヤーLPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!