ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 全英リコー女子オープン
期間:07/30〜08/02 ターンベリー(スコットランド)

選手コメント集/全英リコー女子オープン事前

笠りつ子

「コースは思った以上にランが出ない。もっと出るかなと思っていたんですけど。ただ、フェアウェイに硬さはある。打ちづらいですけど…まあ、どうにかなるかな、と。パー5が短いので、そこでバーディを獲っていきたい。全英はみんなが出られるわけではない。自分のプレーをするのみです。セッティングは5Wと7WをUTにしました。ただ、試合はこれだけではない。日本ツアーのことも考えている。これで体調を崩してもイヤなので、自分の歩幅でマイペースに行きます。そうでないと、空回りするので」

渡邉彩香

「去年と同じように、思いきりドライバーを打って、バンカーが関係ないところまで行こうというスタンスです。今年のコースは去年よりドライバーを持てる感じ。パー5も短いし、うまくプレーできると思う。体調もいいですよ。(全米女子オープンは)日本で気にして見ていました。大山さんがすごくいいプレーをされて、イギリスで私も活躍できるように頑張ろうとモチベーションも上がりました」

宮里美香

「リンクス独特のコースですね。風で大きく変わりそう。パー3が長いのと、ブッシュで右が完全にダメ、左が完全にダメというところが多い。パー4は長い9番、10番の印象が強いです。横風が吹いた時の計算が難しい。グリーンは手前にアンジュレーションがすごくあって、まずはしっかり乗せないとチャンスがない。センターに乗せていく。このコースはまさにそれが必要。全英は独特な雰囲気があって、コースがコースなので、それに対応したいなという気持ち」

吉田弓美子

「グリーンが思っていたよりも大きくない印象です。天候次第で景色が変わるのかなという感じ。毎日違うコースを回る気持ちでやればいいかなと思います。全英は国内ツアーからは狭き門。縁がないだろうなと思っていた。テレビで見るものという感覚でした。去年の全米女子オープンは、来ただけで満足していたところがあった。場の空気に飲まれて、自分のゴルフも全然できなかった。その反省を活かせるところが来たので、全英は初めてですけど、初めてではないつもりでやりたいです」

関連リンク

2015年 全英リコー女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~