ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全米女子オープン
期間:07/07〜07/10 ブロードムーア East Course(コロラド州)

宮里藍は暫定7位に後退「何事も経験です」

2011/07/11 13:29


第3ラウンドの未消化ホールと合わせて行われた「全米女子オープン」最終日。宮里藍は第3ラウンドを首位に2打差の6位タイで終え、その後の最終ラウンドでは13番ホールを終えた時点で日没サスペンデッド。残り5ホールを明朝8時から再開することが決定した。

最終ラウンドのスタートの1番で、ピン手前5mを沈めてバーディ発進とした宮里だったが、5番パー4でアプローチをミスしてボギーとし、続く6番、ピンまで約10mにオンすると、雷雨による一時中断を強いられた。再開後この10mを3パットし再びボギー。「今日はピン位置も難しかったですね。グリーンは柔らかかったけど、スピードは速くて。フィーリングのずれで、オーバー目に打ってしまうことが多かったですね」と天候の影響で変化するグリーンに苦戦した。しかし、8番、9番と約2mのパットを確実に決めてバーディを奪い返し、前半を折り返す。

だが、後半11番、セカンドをピン奥約4mにつけるも、そこから3パットのボギー。続く12番ではアプローチがピンに寄らずボギー、13番も再び3パットし3連続ボギーを喫して失速。通算3オーバーは首位に6打差、暫定7位タイに後退した。

「最終組を経験できたのは良かったと思います。第3ラウンドは今まで感じたことがないプレッシャーを感じましたし、その緊張感は楽しくもあった。またメジャーで優勝争いにからめるかもしれないという期待、気持ちはこういうものかと思いました。何事も経験です」。泣いても笑っても残り5ホール、このサスペンデッドが好転となるか。宮里の言う経験値を1つでも上げるために、自身、納得のできるポジションでのフィニッシュに期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。