ニュース

米国女子LPGA武富士クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

米国女子「武富士クラシック」今季最長プレーオフへ突入

54ホール目にクリスティ・カーが1メートル弱のパーパットを決めていれば、すんなり終われた試合だった。カーはバックナインで4つのボギーを叩いてしまい、楽な逃げ切り優勝かに思えた「武富士クラシック」の最終日を長いプレーオフへと変えてしまった。米国女子ツアー史上2番目に長くかかった今回のプレーオフ。相手は韓国出身のルーキー、ソル・アン・ジオンだ。

プレーオフ1ホール目、ジオンにバーディチャンスが訪れた。しかしわずかにカップ右に外してしまい、2ホール目へ。その2ホール目ではカーにバーディチャンス。しかし打った瞬間にカメラのシャッター音が入るアクシデントでわずかにショート。カーはカメラマンに向かって怒りを露わにし、声をあげていた。プレーオフ3ホール目は両者パー。4ホール目では5メートル近いパーセーブをジオンに先に決められプレッシャーをかけられたカーであったが、2メートル半のパーパットをしっかり決めて、5ホール目へ。18番に戻ったプレーオフ5ホール目、カーがバーディパットを外した後、入れればジオンの勝ちというバーディトライ。しかしボールはカップ縁を舐めつつも蹴られてしまう。プレーオフ6ホール目は両者パー。

そして迎えたプレーオフ7ホール目、ついにジオンの集中力が切れた。ジオンの2打目はグリーンを大きくオーバー。さらに3打目のアプローチもグリーンをとらえることができずトラブル続き。結果カーには1メートル弱から2パットできる余裕が与えられ、長い戦いに終止符が打たれた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 LPGA武富士クラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには山戸未夢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。