ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

賞金女王を決めるか 鈴木愛は冷静に「まず予選通過を」

2017/11/15 17:51


◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 事前(15日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6550yd(パー72)

賞金ランキング1位の鈴木愛と同2位のキム・ハヌル(韓国)との差は約1136万円。今週、鈴木が優勝してキムが6位以下に終わると、最終戦「LPGAツアー選手権リコーカップ」を待たずして鈴木の賞金タイトルが確定する。

周囲の喧騒をよそに、23歳が口にする言葉は冷静そのものだ。「もちろん女王になれたらいいけれど、それは考えずに自分のプレーをするだけ。ハヌルもミニョン(同3位のイ・ミニョン)も絶対に賞金を加えてくる。まずは予選を通過して、来週に向けて良い形で終わりたい」と、次週の戦いも視野に入れつつ大会に臨む構えだ。

「パットはかなり良い」と、今季の平均パット数1位(1.7587)を誇るグリーン上の感触は今週も上々。「ショットはまだ本調子じゃない」としながらも、この日のプロアマラウンドで実践した、方向性を重視するコンパクトなスイングに手ごたえを得た。「長いホールは攻めず、短いホールで確実にバーディチャンスにつけられればスコアを伸ばせると思う」とプランを掲げ、堅実なスコアメークを目指す。

前年大会は初日43位と出遅れながらも、日を重ねるごとに順位を上げて優勝スコアに4打及ばずの3位タイ。「アップダウンが多くて狭いけれど、私向きのコースだと思う」と好相性。注目の大会初日は午前8時36分に10番から上田桃子川岸史果と同組でティオフする。(愛媛県松山市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには山戸未夢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。