ニュース

国内女子LPGAツアー選手権リコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

葭葉ルミがコースレコード シーズン途中でスイング改造した理由

2016/11/26 16:49


◇国内女子◇LPGAツアー選手権リコーカップ 3日目(26日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6448yd(パー72)

17位から出た葭葉ルミが8バーディ、ボギーなしの「64」でプレーして通算6アンダーとし、首位と3打差の単独3位に浮上した。「64」は宮崎CCで大会が開催されている2003年以降の大会最少ストロークを1打更新した。

出だし1番では右ラフからの残り115ydの第2打をピン左5mにつけ、これを沈めてバーディを先行。6番では3m、8番ではグリーン左サイドのエッジから5mを流し込んだ。「初日からタッチとフィーリングは良かった」と、日を追うごとに高麗グリーンにも慣れ、難しいラインを読み切ってスコアメークにつなげた。

フェードヒッターの葭葉にピンチが訪れたのは15番。左ラフから残り150ydの第2打は木々に阻まれ、グリーンをとらえるにはスタイミーな状況。「フックをかけて打った」球はグリーン奥にこぼれたものの、アプローチを2mに寄せてパーで切り抜け、初日「72」、2日目「74」からの出遅れを取り戻した。

7月の「ニッポンハムレディスクラシック」でツアー初優勝を挙げてから、スイング改造に取り組んだ。「今の状態をキープすることも大事だけど、まだまだ改善することも大事だと思って挑戦したかった」と、シーズン半ばで大きな決断をした。優勝して来季の出場権も確保して、心に余裕が生まれた。

スイング変更の目指すところはストレートボールと、持ち味を生かしたパワーフェードの習得。「ゴルフを組み立てやすい」という理由から「目先のことを考えるのも大事だけど、試合中でないと実践的なことはできない」と決断した。

優勝後、トップ10フィニッシュは2週前の「伊藤園レディス」(10位)での1度だけ。だが、奮わぬ成績に焦りはない。「この試合もあしたが最後。上にいる選手は強い選手ばかり。ガンガン攻めていきたい」と上位フィニッシュを狙う。(宮崎県宮崎市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 LPGAツアー選手権リコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。