ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

LPGA小林会長再任 プロアマ欠場は試合出場不可へ

2013/02/25 17:08


一般社団法人 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の定期総会が都内ホテルで行われ、役員人事が決定。2011年から会長を務める小林浩美の再任が決まった。総会後の記者会見の冒頭には、LPGAから公益財団法人 日本盲導犬協会へ100万円、公益社団法人 国土緑化推進機構へ50万円の寄付金が贈呈された。

会見では小林会長から「今年から一般社団法人として活動をして参りますが、LPGAはより専門性を高め、ツアー全体の強化を行います」と力強い挨拶が行われた。そして、この日決定した2013年度のツアー規定が発表された。

<< 下に続く >>

その中で注目されるのがトーナメント規定 第19条-5(プロ・アマ競技)について。プロ・アマ競技に該当選手が出場しなかった場合、やむを得ない事情(海外メジャー競技の出場時など日程の関係で物理的に出場が不可能の判断した場合)をのぞき、試合への出場が認められないことになった。

国内男子ツアー(JGTO)では既に実施されている制度で、協会としては大会を主催するスポンサー企業との大切な行事であり、プロ・アマ競技出場を義務づけるもの。LPGAでは、昨年まで体調不良などを理由にプロ・アマ競技を欠場する場合は、医師の診断書を持参すれば、試合のみ出場することが可能だった。

この件について小林会長は「選手たちも意識していることですので、受け入れてくれると思っています。それと、今年から4日間競技の試合も増えますので、選手たちにはよりいっそうの健康管理をお願いしたいと願っての判断です。これもトーナメントのレベルアップを含むツアー強化の一環です」と口元は緩まない。

この日発表された改訂項目の多くはステップ・アップツアーを含むプロ・アマ競技に関してで、大会の前夜祭への欠席に関しても新たに1回目は罰金3万円、2回目は5万円・・・と選手たちには厳しい罰則が設けられた。(東京都港区/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!