ニュース

国内女子スタジオアリス女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

申智愛は上がり2ホールのミスで自滅

国内女子ツアー「スタジオアリス女子オープン」の2日目に6アンダー単独首位に立った韓国の申智愛は、2年ぶりの優勝に向けて最終日もスコアを伸ばしていった。7番パー3でこの日2つ目のバーディを奪った申は、2位の佐伯三貴に4打差のリードを奪った。

後半に入っても申のゴルフは安定し、16番で佐伯がバーディを奪っても3打差。ところが、17番で3打目のアプローチがグリーンに乗らずミスをすると、4打目もロブショットでピンを狙ったが3打目と同じようにミス。5打目でピンに寄せたがこのホールをダブルボギーにしてしまった。

そして最終18番、2打目はグリーンをオーバーし、返しのアプローチもピンを1.5mオーバー。先に佐伯がバーディパットを決めて、入れなければプレーオフ進出を逃すという場面に、申のパットはカップの左をすり抜けて逆転優勝を許してしまった。

「楽しい試合でした」笑顔でクラブハウスに引き上げた申。「今日は出だしが良かったし、一生懸命ゴルフをしようとしたけど、後半は集中力が切れて残念でした。佐伯選手は良いプレーをしていたので、彼女に拍手を送りたい」と、負けはしたが勝者を讃えた。

17番、18番の内容には「17番のアプローチはロブでしか打てない状況だったのでしょうがないです。18番のアプローチも良かったと思うし、最後のパットもプレッシャーはあったけど、タッチも良かったし自分のプレーに悔いはないです」と、冷静に振り返る。

申は次週を休養にあて、再来週はハワイで開催される米ツアーに出場。そして、日本に再来日し、2試合に出場する予定を立てている。(兵庫県三木市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 スタジオアリス女子オープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。