ニュース

国内女子LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

森田、初日の出遅れを取り戻す「71」

2011/11/25 17:28


高速グリーンとメジャーの難セッティングが施された宮崎カントリークラブ。今季国内女子ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の舞台は、2日目を終えてアンダーパーがわずかに4人という厳しさを見せている。

風の弱まった2日目だが、それでもこの日アンダーパーでラウンドできたのは6選手。その中に、初日最下位に沈んだホステスプロの森田理香子がいる。

「昨日に比べたらティショットが安定してきた」という森田は、2番(パー5)でバーディを先行させると、6番では4mを沈め、9番(パー5)では2オンに成功して2パットのバーディと、前半だけで3つスコアを伸ばして折り返した。

「途中から風向きが変わった」という後半は、ミスも絡んで2つのボギーを献上したが、それでも3バーディ2ボギーの「71」で通算6オーバーへとスコアを伸ばし、順位も19位タイへと浮上を果たした。

先週まで悩んでいたパッティングも、今週新たに取り組んでいるクロスハンドグリップが奏功。右手の悪いクセが無くなり、「ショートパットが怖くない」と光明が見えてきた。「スイングも悪くないので、タイミングと(アドレスの)向きだけ気をつけてやって、それができたらチャンスにも付くと思うし、パットが入ったらアンダーパーで回れると思います」と上り調子で週末へと突入する。(宮崎県宮崎市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。