ニュース

国内女子ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

竹村真琴「泣かないと決めていたので…」

2010/03/12 16:53


2010年のルーキー選手中、もっとも多くのカメラマンを引き連れている竹村真琴。昨年のファイナルQTを8 位という好成績で通過し、レギュラーツアーでのブレイクに期待が掛かるが、開幕戦は予選落ち、そして第2戦の「PRGRレディスカップ」でも初日を99位タイ発進と苦しい戦いが続いている。

練習場では良いショットが打てているというものの、コースに出ると多くのショットが左へと曲がってしまう。「修正点は分かっているのですが、出来ないです…」。竹村は唇を噛んだ。

「両親も来ているし、スポンサーさんもついてくれているので、早く結果を出さないといけないと思ってしまう。こんなことがプレッシャーとは言っていられないのですが…」。19歳のプロが見えない重圧と折り合いをつけていくには、もう少し時間が掛かりそうだ。

この日も1番、2番を連続ボギー発進とすると、前半は「42」。泣きそうになったという竹村だが、「泣かないと決めていたので、ぐっと堪えました」と、懸命にプレーを続けた。「早く試合の雰囲気に慣れていきたいです」。必死の戦いは続いていく。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!