ニュース

国内男子~全英への道~ミズノオープン at ザ・ロイヤルGCの最新ゴルフニュースをお届け

池田勇太は大会コースレコードも不満「ま、上がりがね…」

2019/06/01 18:29


◇国内男子◇~全英への道~ミズノオープン 3日目(1日)◇ザ・ロイヤル ゴルフクラブ(茨城県)◇8016yd(パー72)

「ま、上がりがね…」。大会コースレコードにも不満が募った。首位と8打差の23位から出た池田勇太が1イーグル8バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「66」をマーク。通算6アンダーで単独首位にジャンプアップしたものの、合わせて3つ落とした上がりの2ホールを悔やんだ。

<< 下に続く >>

「16番までは流れをしっかりつくっていけた」。3番(パー5)で3mを沈めると、残り115ydの2打目を20cmにつけた6番まで4連続バーディとした。さらに1つ伸ばして迎えた13番(パー5)では残り238ydの2打目を3Uでグリーン奥のエッジまで運び、5mを沈めてイーグルを奪った。16番でも3mを決めて2連続バーディ。笑顔で右手を挙げてギャラリーの歓声に応えた。

続く17番(パー3)で崩れた。5Iで放ったティショットがつかまって左ラフへ。そこからのアプローチを大きくオーバーし、3パットでダブルボギーをたたいた。最終18番も2打目を奥のラフに入れボギーとし、結果として残った好スコアよりも、終盤の内容に全く納得がいっていない様子だ。

「どういう状況であれ自分のミスだし、それがスコアや結果に結びつく。ミスをすればボギー、ダブルボギーを打つ。しっかり自分が思った通りプレーができれば、バーディ、パーが獲れる。それがゴルフ。プロとしてそれを最後まで貫けなかった自分が悪い」と自己評価は厳しい。

「あしたこそきょうと同じような自分らしいゴルフを、しっかり上がりまでやりたい」。悔しさをバネに、最終日を首位で迎えて優勝した2018年9月「ダイヤモンドカップ」以来のツアー21勝目に挑む。(茨城県鉾田市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ~全英への道~ミズノオープン at ザ・ロイヤルGC




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!