ニュース

国内男子HEIWA・PGM CHAMPIONSHIPの最新ゴルフニュースをお届け

「2位もビリも同じ」ホストプロの池田勇太は1差でV逸

◇国内男子◇HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 最終日(5日)◇PGMゴルフリゾート沖縄 (沖縄)◇7005yd(パー71)

最終18番(パー5)。1mのバーディパットを外して思わず天を仰いだ。厳しい表情でホールアウトした池田勇太は5バーディ、1ボギーの「67」。通算5アンダーで首位と1打差の2位で終え「あれを入れないと話になんない。大事なバーディパットだった。2位もビリも同じ。哀れなパット。あれじゃ勝てない」と吐き捨てた。

<< 下に続く >>

前半で2つスコアを伸ばし、後半10番(パー5)からも連続バーディと、最終組のチャン・キムソン・ヨンハン(韓国)にプレッシャーをかけていたが「勝てたかもしれない試合を勝てない。情けない」と肩を落とした。結果的には後ろの最終組でプレーして優勝したキムが、18番をボギーとして1打差で終わっただけに悔やまれる。

それでもホストプロとして日本人トップとなり、最終日まで大会を盛り上げた。賞金1680万円も獲得し、賞金ランクも3位から2位に浮上。首位のキムに約1300万円差とした。

2位に3打差の首位からスタートしたソンは16番(パー3)でティショットをOB。トリプルボギーをたたいてトップから陥落した。「右からの風が強くてローボールを打とうと思ったが、ミスですね。ゴルフは18ホール終わるまでわからない。残念ですけど、これがゴルフ」と表情を曇らせた。昨年1月の「SMBCシンガポールオープン」(シンガポール)以来、2度目の優勝とはならなかった。(沖縄県恩納村/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!