ニュース

国内男子SMBCシンガポールオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 SMBCシンガポールオープン
期間:01/28〜01/31 場所:セントーサゴルフクラブ(シンガポール)

待望の初勝利へ 23歳・今平周吾が求める“ゴルフ力”

2016/01/26 17:56


若手の台頭が期待される国内男子ツアーで昨年、有望な将来性を見せたのが23歳の今平周吾だった。一昨年の下部チャレンジトーナメント賞金王で得た資格を存分に活かし、全25試合に出場して賞金ランキングは堂々の24位。それでもシーズン終盤戦に沸いてきたのは「最初はシードを獲るのが目標だったので、それは良かったと思うんですけど、だんだん欲が出てきて…優勝できなかったのは残念だった」という想いだった。

身長165cmの体から繰り出される1Wショットは既にトップクラス。昨季のスタッツでは、ティショットの飛距離とフェアウェイキープ率を数値化した「トータルドライビング」部門で7位に入った。“勝てそうで勝てない”時間を終わらせるために掲げる課題がショートゲームだ。

<< 下に続く >>

試行錯誤を繰り返しながら、この冬には精力的にアジアンツアーの予選会を受験した。出場権は手にできなかったが、得たものは少なくない。「アジアの選手は結構ヘンなスイングでも良いスコアで上がってくる選手もいて…。彼らはスイングどうこうではなくて、“ゴルフ力”が高いんだと思うと勉強になります。今年はそこも突き詰めたい」。

アジアンツアーとの共同主管競技「SMBCシンガポールオープン」でスタートする2016年の日本ツアー。いま胸にあるのは「やっぱり優勝したい」という力強い想いだけだ。(シンガポール・セントーサ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 SMBCシンガポールオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!