ニュース

国内男子長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

12位発進の石川遼「もっともっと練習していい」

2014/07/03 21:16


「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」が3日(木)、北海道のザ・ノースカントリーゴルフクラブで開幕。5月の「中日クラウンズ」以来となる国内ツアー出場となった石川遼は3バーディ、1ボギーの「69」(パー71)をマークし、2アンダーの12位タイでスタートしたが、山積するショットへの課題を口にし続けた。

単独首位のデビッド・オー(米国)とは4打差での滑り出し。しかし前半インでアンダーパーをマークしながら、アウトは9ホールをすべてパーという尻すぼみの内容。そして、後半のスコア以上に募るショットへの苛立ちが、ラウンド後の石川を即座に練習場へと向かわせた。

<< 下に続く >>

出だしの10番で、ドライバーでの第1打を右に大きく曲げ、池ポチャからのボギー発進とするなど、ティショットが荒れた。フェアウェイを捕えたのはパー3を除く14ホールで6ホールだけ。1メートル以上のパーパットをしぶとく沈め続け、なんとかスコアをまとめて「週末に優勝争いをするためには悪くないスタート」としたが、一時帰国中の現在は北海道内での集中合宿の真っただ中。「試合と練習場、プライベートラウンドとの調整も課題。練習場でできることが、試合でできない」。頭は結果よりも、内容の充実を強く求めている。

この日のショットのうち、石川が最も納得したというのが前半17番での第2打。フェアウェイから残り117ヤードは、風を含め121ヤードを計算した。ちょうどロフト角51度と59度という2本のウェッジで想定する間の距離だった。「今回の合宿では、8番と9番の間だったり、番手間の距離を徹底的に練習している」。

1~2ヤード刻みでの精度は、距離感を体全体に染み込ませ、試合中に頭に数字をインプットしさえすれば、無意識に体が動くことを理想にしている。決して“クラブの振り幅”といった曖昧な計算ではないという。合宿所では、目印にコーンを何本も立てて練習中。そしてこのホール、51度のアプローチウェッジでのショットはピンそば2メートル弱につき「自信を持って打てたベストショット」でバーディを決めた。

2012年「三井住友VISA太平洋マスターズ」以来の勝利を当然狙う存在だが、目指すものはそれだけではない。あくまで米ツアー初制覇に向けた、よりレベルの高いショットを掴むためには、犠牲も払う覚悟だ。「今日、完璧なショットしか打たなかったら、残りの合宿では何をすればいいのか…となりますから。思い通りのショットができないことは、ある意味で安心。もっともっと練習していいんだと思える」と、どこか清々しい顔で、夕闇のコースを去った。(北海道千歳市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!