ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2打差を追う小田孔明「簡単に勝たせたら面白くない」

「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」3日目、同大会2勝を誇る小田孔明は、松山英樹と並ぶ首位からスタートしたものの、5バーディ3ボギーの「70」と2つスコアを伸ばすにとどまり、通算8アンダー。首位の松山に2打遅れをとって、得意の勝ちパターン、逃げ切り態勢には持ち込むことができなかった。

「7番と13番の3パットが痛かった」と小田。「20メートル以上のパットは、距離感が出しにくい。松山は怪しいパットを入れていたけど、自分は外した。その違いかな」と、グリーン上での差が、そのままストロークに表れたことを悔しがった。

それでも、明日も最終組で松山、池田勇太との再戦となる。「やっぱり上位に行く人間だなと。自分に足りないものも発見するし、松山、勇太のいいものも見られた」と同組選手に刺激を受けつつも、逆転への闘志も消えていない。

「(松山に)簡単に勝たせたら面白くない。今日はリードを取られたけど明日はどこかで捉えられるように頑張りますよ」。大好きだというKochi黒潮CCで、自身初となる逆転優勝へ意気込んだ。(高知県芸西村/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!