ニュース

欧州男子DPワールド ツアー選手権 ドバイの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 DPワールド ツアー選手権 ドバイ
期間:11/17〜11/20 ジュメイラ・ゴルフエステーツ(UAE)

H.ステンソン、年間王者にスタンバイオッケー

ヘンリック・ステンソンは、2016年は大きな一年になるとシーズンが始まる前から承知していたが、今週の「DPワールド ツアー選手権 ドバイ」で優勝を飾ることになれば、彼にとっては、これまでのキャリアの中でも群を抜いて最高のシーズンとなる。

2006年の「ライダーカップ」で欧州代表の勝利に大きく貢献するパットを決め、2013年は「レース・トゥ・ドバイ」とフェデックスカップを同時制覇するなど、ステンソンはこれまで成功したキャリアを送ってきたが、今季の成果はこれまでとは一線を画している。

今季はスタートから出場6試合中4度のトップ10入りを果たすと、6月に「BMWインターナショナル・オープン」で2014年に「DPワールドツアー選手権 ドバイ」で2連覇を遂げた時以来のヨーロピアンツアー制覇を果たした。この3週間後、ロイヤルトゥルーンでの最終日に「63」を叩き出し「全英オープン」を制覇。フィル・ミケルソンとの歴史に残る名勝負を繰り広げてメジャー初勝利を挙げた。

この「全英」制覇により、ヨーロピアンツアーでの勝利数を11に伸ばしたステンソンは、ロバート・カールションの持つスウェーデン人選手としてのヨーロピアンツアー最多勝記録に並ぶ。そして、オリンピック男子ゴルフ競技で銀メダルを獲得して、母国の栄光に一役買った。

先月の「WGC HSBCチャンピオンズ」で2位に入り、「レース・トゥ・ドバイ」で首位に躍り出たステンソンは、ドバイで今季3勝目を挙げることができれば無条件でキャリア2度目となる欧州ナンバーワンの称号を手にすることができる。「レース・トゥ・ドバイ」ランキング2位のダニー・ウィレットの勝利のみが、自力でのステンソンによる年間制覇を阻む唯一のシナリオとなるが、40歳のステンソンは大きな獲物を前に自信を覗かせている。

「今年は始まる前から大きな一年になると分かっていた」とステンソン。「オリンピック、ライダーカップ、そして毎年恒例のメジャーがある中で、僕はそれらの大会で良いプレーがしたいと強く思っていた。これまで、僕は自分のキャリアの中で、あることに専心すればそれが達成できたことが多々あったからね」というステンソン。「夏場を迎えたときに準備を整えておくというのが僕にとっての大きな目標だったんだ。今年の夏は忙しく、練習をしたり休む余裕がほとんどないことは前もって分かっていたからね。とにかく春に充実した練習を積み、夏場を迎えときには準備を整えておきたかったところで、ケルンでの『BMWインターナショナル・オープン』で重要な勝利を挙げることができたんだ」。

「あれは僕にとって鍵を握る機会となったね。長いこと勝っていなかったので、ようやく最後の一線を超えたことで『再び勝たなければいけない』ということが問題ではなくなったし、そこから前進し続けたんだ」。

「(また年間王者になれれば)僕にとって最高の達成となるね。2013年に、ドバイで欧州ナンバーワンになったときはとても嬉しかったけれど、今年は全英にも勝ったし、一年を通して素晴らしいパフォーマンスを発揮することができた。だから、今年2016年の欧州ナンバーワンに輝くことができれば、あの時の歓喜を下回るということはないだろうね」。

「もちろん勝利を熱望している。ベストを尽くして頑張るよ。僕らは皆、長いシーズンの果てに、この最終ストレートに差し掛かったんだ。残りは4ラウンドのゴルフだよ。最高のプレーができるのか、良いプレーができるのか、あるいは平均的なプレーをするのか、それは分からないけれど、僕は4日間全力を尽くすし、どの道それしかできないのだから。後は、どんな結果が待っているのかということだよね」。

ウィレット、アレックス・ノレン、そしてロリー・マキロイにもまだハリー・バートントロフィーを手にするチャンスは残されているとはいえ、ここでの勝利で任務遂行となるステンソンは、自身が優位に立っていることを重々承知している。「これ以上は望めないというほど良い位置につけているね」とステンソン。「これを望んでいたんだ。勝てば有無を言わさず全てが決まるという、この立場で最終戦に臨みたかったんだ。(状況によっては)必ずしも勝つ必要はないという、それ以上の優位に立っているわけだけど、僕は勝って(年間王者を)決めようという心積もりでここへ来たんだ」。今年最後の“4日間の戦い”が始まる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 DPワールド ツアー選手権 ドバイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。