ニュース

欧州男子アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープンの最新ゴルフニュースをお届け

サー・ニック・ファルドがロイヤルアバディーン参戦へ

2014/07/01 09:53

英国のゴルフ史上もっとも成功したゴルファーであるサー・ニック・ファルドが、7月10日から13日にかけてロイヤルアバディーンGCにて開催される、ワールドクラスの選手たちの出場する「アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープン」に5年振りの出場を果たすことになった。

現在はフェアウェイ上ではなく、放送席で良く見かけられるようになったメジャー6勝のファルドだが、ロイヤルリヴァプールGCで開催される今年の「全英オープン」の前週に開催されるヨーロピアンツアーの大会への出場が決まったのである。

<< 下に続く >>

これまでファルドの「スコットランドオープン」における最高成績はオーストラリアのウェイン・ライリーに次ぐ2位に入った1995年大会のものだが、スコットランドの地で開催された「全英オープン」では、1987年と1992年のミュアフィールド、そして1990年のセントアンドリュースと、3回の優勝を果たしている。

ゴルフの母国であるスコットランドでの歴史的な偉業により、ファルドがロイヤルアバディーンに集うギャラリーより温かい歓迎を受けることは間違いないであろう。そのファルドは、ダレン・クラークポール・ローリーホセ・マリア・オラサバルロリー・マキロイジャスティン・ローズ、そして前回大会王者であるフィル・ミケルソンらのメジャー優勝経験者と共に大会へ臨むことになる。

「ロイヤルアバディーンでプレーするのが本当に楽しみなんだ」と56歳のファルド。「僕がプレーしている頃から『スコットランドオープン』はヨーロピアンツアー屈指の大会だったし、それは7月の出場者の顔触れを見れば一目瞭然だろう」。

「これまでずっとスコットランドでのプレーを楽しんできたし、特にロイヤルアバディーンで受ける試練を楽しみにしているんだよ。僕にとって、『全英オープン』の前にあのような大きな大会でプレーしておくのは重要なのだ」。

3度のクラレットジャグ(全英優勝トロフィー)獲得に加え、ファルドは1989年、1990年、そして1996年と3度にわたりマスターズ王者にも輝いている。また彼はヨーロピアンツアーでは30勝を挙げており、11回の出場で25ポイントを挙げた「ライダーカップ」では歴代最高獲得ポイントを誇る。

ファルドは現在プレイヤーとしての輝かしいキャリアからは一線を退き、CBSスポーツとゴルフチャンネルの解説者として成功を収めている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープン

距離測定器はピンまでを測るだけのツールじゃない!トップアマはニコンレーザー距離計「COOLSHOT AS」でゴルフ力を磨いていた!

距離測定器はピンまでを測るだけのツールじゃない!トップアマはニコンレーザー距離計「COOLSHOT AS」でゴルフ力を磨いていた!
「距離測定器を使うと感性が磨かれず、ゴルフが下手になる」と考えているゴルファーがいるが、トップアマの遠山さんは「ゴルフ力アップの強力なアイテムになる」と断言する。遠山さんに「COOLSHOT AS」を使いながら実際にプレーしてもらって使用のコツを聞いた。【今なら!GDOアマチュア選手権限定企画として1日程25名様限定で大会当日に「COOLSHOT AS」を無料貸出キャンペーン実施中!要事前予約】



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!