ニュース

米国シニアチャールズ・シュワブシリーズatオザークナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 チャールズ・シュワブシリーズatオザークナショナル
期間:08/24〜08/26 場所:オザークナショナルゴルフクラブ(ミズーリ州)

ミケルソンがシニアデビュー 圧巻11バーディで首位発進

◇米国シニア◇チャールズ・シュワブシリーズatオザークナショナル 初日(24日)◇オザークナショナルゴルフクラブ(ミズーリ州)◇7036yd(パー71)

6月に50歳となったフィル・ミケルソンが、米シニアツアー(チャンピオンズツアー)に初出場した。11バーディ、1ボギーの「61」で回り、10アンダーで首位発進した。

<< 下に続く >>

出だしの1番(パー5)で幸先よくバーディ発進すると、350ydのドライビングで1オンした3番(パー4)から3連続など序盤から絶好調。後半は13番から圧巻の5連続など6バーディを奪った。パッティングがさえ、15番では10m以上をねじ込むなどロングパットを次々と決めた。

ミケルソンは前週のプレーオフシリーズ初戦「ザ・ノーザントラスト」で予選落ちし、67位だったフェデックスカップポイントランキングが75位に降下。ランク70位以内が進出できる第2戦「BMW選手権」出場を、2007年のプレーオフ開始以来初めて逃した。9月に始まる来季に向けて試合勘を養うため、シニアツアー出場を表明していた。

1打差の2位にデービッド・マッケンジー(オーストラリア)がつけた。7アンダー3位にロッコ・メディエイトら4人が並んだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 チャールズ・シュワブシリーズatオザークナショナル




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!