ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

カメラマンに対するタイガーの怒りが爆発

今週の月曜日、PGAツアーの連勝記録が5でストップしたタイガーですが、日曜日のラウンド中、不適切な言葉を使用したことが新聞に記事として掲載されています。

タイガーは、9番ホールのティグラウンドで、ダウンスイングの際、カメラのシャッター音に邪魔され、スイングを乱してしまいました。マイアミヘラルド紙は、タイガーが9番ホールを終えたときに特定の人に対してではなく、汚い言葉を使ったと報道しています。その記事によると、タイガーはボギーを叩いた9番から10番へ向かう途中、「次回、カメラマンがバックスイングの際写真を取ったらそいつの首をへし折ってやる」と、汚い言葉を交えて言ったとのことです。タイガーは水曜日、ESPNの番組の中で今回の1件について次のように触れていました。

タイガー・ウッズ
「最近ああいったことが多く、イライラします。今年に入ってすでに4回ほどありました。その4回のうち3回、ボギーを叩いてしまいました。最終組で回っている時は、毎回今回のような出来事に見舞われることが多く、ある程度覚悟はしています。寄せワンでパーを拾えるチャンスを生かせなかったといえばそれまでですが、あの時はバーディが必要で、ピンを果敢に狙わなければならない状況だったのです。でも、ダウンスイングの際聞こえたシャッター音に驚き、スイングが乱れてしまいました。ボールは左に出ましたが、風が左から吹いていなかったら池に入っていたはずです。優勝争いに加わろうと必死で頑張っていただけに、すごくイライラしました。トップ争いに加わる代わりに、スイングを乱されたあの一打で、それまでの勢いを断たれてしまいましたからね」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。