ニュース

米国女子女子ワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 女子ワールドカップ
期間:01/19〜01/21 場所:ゲーリープレーヤーCC(南アフリカ)

最終日は笑顔でラウンド!日本は14位タイ

南アフリカのサンシティにあるゲーリープレーヤーカントリークラブで行われている「ワールドカップ女子ゴルフ」。今大会は過去2回とは試合形式の順番がことなり、最終日にフォアボール(チーム2名がそれぞれプレーしどちらか良い方のスコアをそのホールのスコアとしてカウントする)での競技が行われた。

初日、2日目と元気のなかったチームジャパンの諸見里しのぶ上田桃子だが、最終日は真っ赤なウェアで統一し最後まで笑顔の溢れるラウンドとなった。1番パー5で幸先の良いバーディを奪うと、前半は5バーディ、ノーボギー。10番、16番で両者ボギーを叩くが、12、17番でもバーディを奪い、この日5アンダー。通算12オーバーの14位タイとなった。

<< 下に続く >>

この日は、2日間らしくないプレーが続いた諸見里のバーディラッシュが生まれた。前半から4、5メートルのバーディパットを次々と決め、チームを引っ張った。そして、上田も果敢にピンを狙い、地元のギャラリーからも熱い声援をもらっていた。

優勝はこの大会に初出場となるパラグアイ。米ツアーの2006年最終戦を制した20歳のフリエタ・グラナダとセレステ・トローチェの2人は、初日のシングルス戦で5アンダーと抜け出し、3日間首位を守りきった。最終日も7ストローク伸ばし、通算9アンダー。2位に7打差をつける圧勝で3代目の王者に輝いた。

2アンダーの単独2位は、メジャーチャンピオンのパット・ハースト、ジュリー・インクスターといったベテランでチームを組んだアメリカ。1アンダーの単独3位には韓国、1オーバー4位タイにはスコットランドとイタリアが並ぶ結果となった。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 女子ワールドカップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!