ニュース

米国女子フランクリンアメリカンモーテージチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 フランクリンアメリカンモーテージチャンピオンシップ
期間:05/04〜05/07 場所:バンダービルトレジェンズクラブ(テネシー州)

A.スタンフォードが単独でトップに!諸見里しのぶは予選落ち

テネシー州にあるバンダービルトレジェンズクラブで開催されている、米国女子ツアー第9戦「フランクリンアメリカンモーテージチャンピオンシップ」の2日目。トップタイからスタートした、アンジェラ・スタンフォードが、通算12アンダーまでスコアを伸ばし、単独でトップに立った。

10番からスタートしたスタンフォードは、コンスタントにバーディを重ね、前半を3バーディ、1ボギーで折り返した。後半に入っても、3番から連続バーディ、7番のロングホールではイーグルを奪取。着実にスコアを伸ばしていった。9番の最終ホールで、この日2つ目となるボギーを叩いたものの、5つスコアを伸ばして、通算12アンダー。今季トップ10フィニッシュもないスタンフォードが、単独トップで決勝ラウンドに駒を進めた。

<< 下に続く >>

単独の2位には、パトリシア・ムーニエ・レブー(フランス)が通算11アンダーとしている。また、この日「63」をマークしたソフィー・グスタフソン (スウェーデン)が、通算10アンダーまでスコアを伸ばし、単独の3位にジャンプアップた。

注目の諸見里しのぶは、この日はイーブンパーで周ったものの、初日の5オーバーが響き、通算5オーバー。111位タイとして、予選通過は出来なかった。また、リンダ石井は3つスコアを落とし、通算2オーバーの84位タイで同じく予選落ちとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 フランクリンアメリカンモーテージチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!