ニュース

国内女子クリスタルガイザーレディス ゴールデンスペシャルの最新ゴルフニュースをお届け

古閑美保がプレーオフを制して今季初勝利を飾る

千葉県にある京葉CCで行われている国内女子ツアー第8戦「クリスタルガイザーレディス ゴールデンSP」は、日曜日の6時30分から、前日雨によりサスペンデッドとなった第2ラウンドの残りが再開された。

最終組は12番からスタート。7ホールを消化して第2ラウンドを終え、笠りつ子若林舞衣子が通算9アンダーで首位に並び、4打差の通算5アンダーで古閑美保横峯さくら井芹美保子が続いた。

最終ラウンドは、初優勝を狙う笠と若林、そして古閑が最終組となる。勝負の分かれ目となったのは、16番パー3。その時点で通算10アンダーのトップに立っていた笠は、ティショットを左にひっかけて崖の下まで落としてしまう。10m近い打ち上げと、生い茂る木、それに深いラフという状況に、笠はアンプレヤブルの判断をする。ティグラウンドに戻って3打目を打ち直して2パット。ダブルボギーとし、通算8アンダーに後退した。古閑は同じホールでバーディチャンスにつけたが、決められずに通算8アンダーのまま。代わって首位に立ったのは、通算10アンダーの若林だった。

残り2ホール。「優勝は常に意識していた」という若林だが、17番で古閑と笠がそれぞれバーディを奪い、リードは1打になる。迎えた最終18番。再び古閑が3mのフックラインを決めてバーディを奪い、土壇場で若林に追いつくと、勝負は二人のプレーオフにもつれ込んだ。

プレーオフ1ホール目は、先にバーディパットを沈めた古閑に対し、若林が同じくバーディを入れ返して引き分ける。2ホール目は共にパー。3ホール目で、第2打を左の林に曲げた若林は4オン2パットのボギーとし、1.5mのパーパットを沈めた古閑がこの長い戦いを制し今季初優勝を飾った。

「こんなにパットが入らなくても勝てるんだなぁ」と笑った古閑。しかし、ここぞという所を決める勝負強さは、メジャーを含む通算8勝の貫禄を感じさせた。「課題は沢山見えました。あと10ヤードは飛距離を伸ばしたい」と、さらに貪欲に上を見つめた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 クリスタルガイザーレディス ゴールデンスペシャル




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。