ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

初日は濃霧のためサスペンデッド

◇国内女子◇スタンレーレディスゴルフトーナメント初日◇東名CC(静岡県)6520ヤード(パー72)

前日から降り続いた雨が残り、強風にも見舞われる悪天候の中で開幕した大会初日。濃霧のため午前10時25分に一時中断。26分後に再開したが、再び午後0時25分に競技中断となり、そのまま16時30分にサスペンデッドが決まった。

24選手がスタートできていないが、9ホールを終えて3アンダーとした大和笑莉奈が暫定でトップ。1打差に福嶋浩子穴井詩飯島茜浅間生江、楊涛麗(中国)が続いている。昨年大会を制した有村智恵横峯さくらと同組で、出だしの1番ホールだけ消化。ともにバーディを奪った。

<復帰戦の大山志保は「楽しみは明日に」>
早朝からコースを覆った霧が、選手たちのプレーを妨げた。標高の低いインコースでのラウンドは可能だったものの、序盤に打ち上げのコースが続くアウトコースは、視界不良。ティグラウンドから、グリーンどころかフェアウェイすら見渡せないホールが続き、進行が滞った。結局、誰一人ホールアウトできないまま、正午過ぎに2度目の中断。その後も霧は晴れる様子も無く時間だけが過ぎていった。

既にスタートした選手たちのスコアを取り消し、大会初日を中止として、2日目に全選手が改めてティオフするプランもあったが、大会の競技委員を務めるLPGAの入江由香理事は「天候が明日も良くない。気温と雨量の予報が類似していて、今日の状態が明日も続く可能性がある。大会自体の成立(全選手が27ホールを消化)が危うくなることを加味した上での決断です」と順延に至った経緯を説明。まずは正規の54ホール競技での実施を目指しながら、14日(土)の2日目は午前6時30分に、第1ラウンドの未消化分を再開。終了後、組み換えを行わず第2ラウンドに入る。

左肩痛から復帰し、今大会が2012年の初戦となった大山志保はこの日、ティオフできず心待ちにしていたスタートはお預けに。「ティグラウンドに立つことができなかったのは残念。明日に楽しみは取っておきます」と話した。それでも仲間たちから「お帰り」「待ってたよ」と声をかけられ、そのたびに喜びを噛み締めていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには山戸未夢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。