ニュース

国内女子ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

新人の斉藤愛璃が開幕戦でツアー初勝利に王手!

◇国内女子◇ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント2日目◇沖縄・琉球GC◇6439ヤード(パー72)

2アンダーの11位タイからスタートした新人の斉藤愛璃が8バーディ、ノーボギーの「64」をたたき出し、通算10アンダーとして2位の朴仁妃(韓国)に2打差をつけて単独首位に躍り出た。

初日首位タイでスタートした馬場ゆかりは、菊地絵理香とならんで通算7アンダーの3位タイに後退。6アンダーの5位タイに飯島茜北田瑠衣がつけている。横峯さくらは4アンダーの10位タイ。注目のルーキー、工藤遥加金田久美子らと同じく3アンダーの15位タイで決勝ラウンドに進出した。

一方、昨年度の賞金女王アン・ソンジュ(韓国)は1オーバーの54位タイ、米ツアーを主戦場とする宮里美香は3オーバーの68位タイで予選落ちとなっている。

<後半に怒涛のバーディラッシュ!新人・斉藤が躍動>
昨年のプロテストに合格した新人の斉藤が、圧巻のプレーを見せた。首位から2打差でスタートすると、前半のアウトで2バーディを奪取。後半に入ると一気に加速し、11番では50センチに絡めてバーディ。さらに13番(パー3)からは、16番(パー3)のチップインを含む怒涛の4連続バーディを奪い、一気にトーナメントリーダーに躍り出た。最後まで手綱を緩めず、最終18番(パー5)でもピン手前3mを沈めバーディフィニッシュ。8バーディ、ノーボギーという会心のラウンドを、力強いガッツポーズで締めくくった。

ベストスコアを叩き出したプレー内容も、ホールアウト後の記憶はおぼろげだった。「すごく集中していて、今でもどうゆう内容か分からないくらい。順位のことも考えていなかった」。同組で回った朴も「67」と伸ばし僅差の争いが続いたが、高い集中力を最後までキープし、ディフェンディングチャンピオンを抑えて早くもツアー初タイトルに王手。「明日も変わらず、自分のプレーをしていきたい」。同期の中ではやや年上の22歳が、いち早く初タイトルへのチャンスを掴んだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには今綾奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。