ニュース

国内女子クリスタルガイザーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

新パターが功を奏す!三つ巴のプレーオフを制したのは藤井かすみ

千葉県の京葉カントリー倶楽部で開催されている国内女子ツアー第17戦「クリスタルガイザーレディスゴルフトーナメント」最終日。混戦の中、藤井かすみ不動裕理大山志保が最後まで粘りきり、通算12アンダーでフィニッシュ。3人が並び、三つ巴のプレーオフとなった。

18番を使って行われたプレーオフ1ホール目。ティショットは3選手ともフェアウェイをキープし2オンの狙えるところにつける。最初に大山が狙ったが、グリーン右のバンカーに。不動はピンにまっすぐ飛ぶもオーバーして奥のラフにつかまった。最後に狙った藤井は見事グリーンの右を捉えたが、長いイーグルパットを残した。

大山、不動がいかに寄せきれるかに注目が集まったが、大山はバンカーから出したものの、オーバーしてグリーンからこぼれてしまう。一方、不動は、アプローチをショートして嫌なバーディパットを残した。ここで長いイーグルパットに挑んだ藤井は 、ほぼまっすぐのラインをしっかり打ち切り、見事イーグルを奪取。この瞬間に、藤井かすみの優勝が決まった。

藤井はこれで今季3勝目、賞金ランクも2位に浮上。また、今週から替えたばかりの新パターが見事にはまり、プレーオフのイーグルパットを生むなど優勝に大きく貢献した。

そのほか、今大会の招待選手、米国女子ツアーで通算6勝を挙げているグレース朴(韓国)は、この日ダブルボギーが出るなど苦しい展開が続く。後半なんとか立て直し底力を見せるも、通算4アンダー14位タイ。また、注目の横峯さくらも2日目、最終日と伸ばしきれず、通算4オーバー48位タイでいいところを見せることなく今大会を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 クリスタルガイザーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。