ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

アン・ソンジュがプレーオフ制し今季2勝目!!

静岡県の東名CCで開催されている、国内女子ツアー第17戦「スタンレーレディスゴルフトーナメント」の最終日。関東・中部地方もいよいよ梅雨明けとなって、この日の気温は30度を超える真夏日。試合展開も大熱戦となり、通算6アンダーでホールアウトした李知姫アン・ソンジュの韓国勢によるプレーオフに突入した。

プレーオフは18番パー5で行われたが、距離が長くフェアウェイも狭いのでパー5とはいえ難度が高く、どちらがボギーを叩いて決着がつくかと思われた。しかし、2ホール目に互いにバーディチャンスを迎え、ソンジュが先に4mのバーディパットを沈めると、李は3mのバーディパットを決められず勝負あり。ソンジュが今季開幕戦以来の2勝目を果たした。

1打差でプレーオフ進出を逃した北田瑠衣馬場ゆかりイム・ウナ(韓国)の3人が通算5アンダーの3位タイ。中でも北田は最終18番パー5を6アンダーで迎えたが、パーセーブできず優勝争いから脱落してしまった。

さらに2打差の通算3アンダー、6位タイには諸見里しのぶ若林舞衣子黄アルム(韓国)、イ・ジウ(韓国)の4人が並んだ。諸見里は今週の賞金を加算し、ツアー通算獲得賞金で4億円を突破。これは横峯さくらに次いで史上2番目の若さでの達成となる。

通算2アンダー、10位タイには飯島茜菊地絵理香イ・ナリ(韓国)の3人。そして通算1アンダーの13位タイにアマチュアの香妻琴乃が入り、ベストアマチュア賞を獲得。また大会連覇を狙った有村智恵は、12番から4連続ボギーを叩いてしまい、通算1オーバーの20位タイに終わった。

(主な上位選手の成績)
優勝 -6 アン・ソンジュ
2位 -6 李知姫
3位 -5 馬場ゆかり北田瑠衣イム・ウナ
6位 -3 諸見里しのぶ若林舞衣子黄アルムイ・ジウ
10位 -2 飯島茜、絵理香、イ・ナリ

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。