ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

日本初参戦のケプカ優勝 2位の池田勇太が賞金トップ返り咲き

◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 最終日(20日)◇フェニックスカントリークラブ(宮崎) ◇7027yd(パー71)

世界ランク21位のブルックス・ケプカが、最終日を8バーディ、2ボギーの「65」でプレーして、通算21アンダー。2日目からの首位を守り抜き、2000年に片山晋呉が樹立した大会最多アンダーパーの通算19アンダーを抜いて、日本ツアー初出場で初優勝を決めた。

ケプカに5打差の3位でスタートした池田勇太は、11番を終わって2打差に迫ると、14番のバーディで1打差。さらに15番でこの日10個目のバーディを奪い、捉えた。しかし、17番でケプカが2打目をピン右80センチにからめてバーディ。18番でともにバーディとし、ケプカの優勝が決まった。

谷原秀人は「70」でプレーして6位で終えた。単独2位で終えた池田が賞金2000万円を獲得して今季通算獲得賞金を1億6749万7703円とし、谷原(1億6277万7703円)と入れ替わりで賞金ランクトップに返り咲いた。

残り2試合の優勝賞金はいずれも4000万円。今週を終えて3位のキム・キョンテ(1億331万824円)まで賞金王の可能性を残しているが、キムは次週、国別対抗戦「ISPSハンダ ゴルフワールドカップ」に韓国代表として出場。争いは事実上、池田と谷原の2人に絞られることになった。

<上位陣の成績>
優勝/-21/B.ケプカ
2/-20/池田勇太
3/-14/K.バーンズ
4T/-13/チェ・ホソンJ.トーマス
6T/-10 /B.ケネディ谷原秀人藤田寛之
9/-9/小平智

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ダンロップフェニックストーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。