ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼がバーディラッシュで単独首位!最年少優勝記録に王手

埼玉県にある武蔵カントリークラブ豊岡コースで行われている国内男子メジャー第3戦「日本オープン」の3日目。曇り空の過ごしやすい1日となったが、早い時間にスタートした星野英正石川遼がバーディラッシュを見せ、11,596人の大ギャラリーの大歓声がコース内に響いた。

この日最もスコアを伸ばしたのが、2オーバー38位タイからスタートした石川遼だった。1番で幸先の良いバーディを奪うと、その後も6つのバーディを量産。6番パー5ではティショットを池に入れてしまうが、3打目でグリーンを捉えてバーディを奪う離れ業も披露。最終18番も8mのバーディパットを沈めスタンドを埋めつくしたギャラリーの声援に応えた。

石川をしのぐ勢いでスコアを伸ばしていたのは3オーバー45位タイからスタートした星野英正。15番までに9つのバーディを奪い一時は5アンダーまで伸ばしたが、16番、17番で連続ボギーを叩き3アンダー単独3位に後退。

最終組の藤田寛之ハン・リーが揃ってスコアを崩し、石川と1打差の4アンダー単独2位に浮上したのは今野康晴。星野を挟んで2アンダー単独4位にはニュージーランドのデービッド・スメイル。そして1アンダー5位タイに矢野東野仲茂小田龍一の3人が並んでいる。

最終日は単独首位の石川と2位の今野が最終組でラウンドすることになるが、石川が優勝すれば、1928年の第2回大会で浅見緑蔵が記録した、19歳10ヵ月という最年少優勝記録を81年ぶりに塗り替えることになる。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!