ニュース

国内男子JCBクラシック仙台の最新ゴルフニュースをお届け

S.K.ホ、小田龍一がノーボギーの8アンダーで首位スタート!

国内男子ツアー第9戦「JCBクラシック仙台」が、宮城県の表蔵王国際ゴルフクラブで開幕した。初日首位に立ったのは今年の「日本プロ」を制した韓国のS.K.ホ小田龍一の2人。2人とも午後スタートで小田は1番から、ホは10番ホールからスタート。小田は満遍なくバーディを奪い、上がり2ホールを連続バーディでフィニッシュ。一方ホは、後半4番パー5から4連続バーディで一気にスコアを伸ばした。

1打差の7アンダー3位には高見和宏と村上甚の2人。高見と村上もノーボギーでラウンドした。村上は今週で3試合連続のレギュラーツアー出場となるが、過去の2試合はともに予選落ち。2002年の「住建産業オープン広島」以来の予選通過を上位で果たすことができるか。

さらに1打差の6アンダー単独5位は、2週前の「マンシングウエアオープンKSBカップ」で2位に入った高山忠洋。5アンダーの6位には伊沢利光、近藤智弘、細川和彦など6人が並んでいる。先週7位に入った伊沢にようやくエンジンがかかるのか2日目以降の戦いが注目される。

また、先週彗星の様に現れた韓国のI.J.ジャンは、イーブンパーの64位。ディフェンディングチャンピオンの神山隆志は3オーバーの119位と大きく出遅れてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 JCBクラシック仙台




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。