ニュース

欧州男子オメガ・ヨーロピアン・マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

B.ラムフォードがプレーオフを制し今季初優勝!

スイスのクラン・シュル・シエールGCで開催されている、欧州男子ツアー第37戦「オメガ・ヨーロピアン・マスターズ」の最終日。ブレット・ラムフォード(オーストラリア)が、フィリップ・アーチャー(イングランド)とのプレーオフを制し、久々の優勝を飾った。

首位タイで最終日を迎えたラムフォードは、1番から連続バーディと、優勝へ向けて好スタートを切る。11、12番も連続バーディを決めスコアを伸ばすが、3連続バーディなどを決めて猛烈にスコアを伸ばしてきたアーチャーに並ばれてしまう。ともに通算16アンダーでホールアウトし、2人の勝負はプレーオフへともつれ込んだ。18番ホールで実施されたプレーオフ1ホール目で、ラムフォードが見事にチップインバーディを決め、2004年の「ニッサンアイリッシュオープン」以来の勝利を手にした。

大会連覇を狙ったブラッドリー・ドレッジ(ウェールズ)は、首位タイでスタート。最終日も連続バーディ発進と、見事な立ち上がりを見せたが、最終的には4バーディ、2ボギーという内容で、スコアを2つ伸ばすにとどまり通算15アンダー。単独3位で大会を終えた。

この他、通算14アンダーの単独4位にS.E.ベッブ(ウェールズ)、通算12アンダーの単独5位には、単独3位スタートながらスコアを伸ばせなかったオリバー・ウィルソン(イングランド)が続いた。また、PGAシニアツアーから参戦しているエドアルド・ロメロ(アルゼンチン)は、この日のベストスコア「65」をマーク。通算10アンダーとして、16位タイから8位タイに再浮上し、ベテランの貫禄を見せてフィニッシュしている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 オメガ・ヨーロピアン・マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。