ニュース

米国女子HSBC女子チャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2010年 HSBC女子チャンピオンズ
期間:02/25〜02/28 場所:タナ・メラCC(シンガポール)

桃子のガッツUSA!!

3位の桃子、最終組で藍と直接対決へ!

2010/02/27 20:07


「HSBC女子チャンピオンズ」3日目、前日は疲れから足の痛みを訴えていた上田桃子だったが、ホールアウト後のアイシング、そしてホテルに戻ってから帯同する伊藤久トレーナーが鍼(はり)を含む2時間近いケアを行い、この日に備えた。

「今日はリラックスした6割くらいのショットを心掛けた」という上田。昨夜の雨の影響でグリーンは前日より軟らかくなり、強烈なスピンを効かせたショットを要求されることも少なかった。「今日はボギーを打ちそうな気配が無く、今までリラックスしたショットをあまり打ったことが無かったけど、コントロールしやすいと感じました」と、怪我の功名で新境地にも近づいた。

<< 下に続く >>

前半に1つスコアを伸ばして折り返すと、11番、12番でも連続バーディ。しかし、続く15番でこの日の課題として残ったロングパットをミスし、3パットのボギーとしてしまう。

直後の16番、ティショットはグリーン左のラフに止まる。ピンまではバンカー越えで30ヤード。「今朝、ロレーナ(オチョア)がアプローチを練習しているのを見たら、球が凄く遅かった。同じ打ち方で寄ってくれればラッキーと思ったら、上手く行きました」という上田。1.5mに寄せて、すぐにバーディを取り返した。

2日目に続いて「68」でラウンドした上田は、通算5アンダーとして首位と2打差の3位タイに浮上。明日は、最終組で宮里藍、ジュリー・インクスターと優勝を争うこととなる。

「(優勝は)チャンスがあればですね。今日も15番までは良いペースで“行けるかな?”と思ったらその瞬間にボギー。欲をかいた瞬間にダメになるので、どちらかというと60台を意識してやっていきたいです」。先週の悔しさを胸に、上田がどんな戦いを見せてくれるのか大いに期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 HSBC女子チャンピオンズ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!