ニュース

米国女子コーニングクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 コーニングクラシック
期間:07/02〜07/05 場所:ハイランドメドーズGC(オハイオ州)

桃子のガッツUSA!!

桃子は87位と出遅れ! ショットの不調に戸惑い

2009/07/03 14:50


米国女子ツアー第14戦「コーニングクラシック」初日を迎えた上田桃子。前週の「ウェグマンズLPGA」では今シーズン3度目となる予選落ちを喫するなど、ショット、パットともに本調子ではない状態が続く中、1番ティからスタートを切った。

「朝からショットが良くなかった」と振り返る上田だが、6番までパーを重ねて何とかしのぎ続ける。すると、7番パー5ではピン左上2メートルを沈めてバーディ、続く8番パー3ではピン左3メートルを沈めて連続バーディ。前半を2アンダーで折り返し、上々の立ち上がりを見せる。

<< 下に続く >>

だが、前半から感じていたショットへの不信感が徐々にプレーに現れ始める。加えて「入ったと思ったパットが入らなかった」という上田。14番パー3ではピンを攻めきれず、カラーから20メートルのバーディトライを残し、ここから3パットのボギー。続く15番パー4でも、2打目でグリーンを外すなどボギー。さらに16番でも3パットによるボギーを叩き、痛恨の3連続ボギー。最終18番はバーディフィニッシュとしたものの、イーブンパーの87位タイと出遅れる結果となった。

今週からドライバーをニューモデルにチェンジ。ロフトを9.5度から10.5度にアップし、「キャリーが出るドライバーにした。キャリーも高さも出ています」と、約5ヤードほど飛距離が伸びたという。だが、「ショットが悪い感覚はないけど、コースに出たら思うようなショットが出ない。修正点が分かりません」と、スイングの不調によりドライバーの特性を活かしきれていない。コーチの江連氏が金曜日にコースを訪れる予定で、「スイングを見てもらいたい」と自身も戸惑い気味だ。翌週の「全米女子オープン」に?げるためにも、まずは不調の原因を突き止めることが先決となりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 コーニングクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!