ニュース

国内男子キヤノンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼、首位タイも終盤に乱れ大混戦を呼ぶ

2011/10/08 18:11


神奈川県の戸塚カントリー倶楽部 西コースで行われている国内男子ツアーの第18戦「キヤノンオープン」3日目。12アンダーの単独首位から出た石川遼は4バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの「73」。後半にスコアを伸ばしきれず通算11アンダー。4人が並ぶ首位タイで最終日を迎えることになった。

今季初めてトーナメントリーダーとして決勝ラウンドを迎えた石川。出だしの1番から4メートルの下りのパットを決めてバーディ発進とし、独走の展開を予感させながらスタートした。3番ではフェアウェイからの第2打をピン手前2メートルにつけて2つ目。6番でグリーン左からのアプローチが寄らずボギーとするが、続く7番(パー5)で2オンに成功しきっちり2パットでバーディを取り返した。

<< 下に続く >>

しかし折り返しの9番からムードは暗転。ティショットが左へ曲がり出した。この左ラフからレイアップしてこのホールをボギーとすると、チップインバーディを奪った小山内に逆転され1打差を追って後半へ。12番からは4ホール連続でパーオンに失敗し15番でボギー。16番(パー5)で2メートルのフックラインを沈めてバーディとしたが、最終18番ではティショットを右に打ちだし痛恨のOB。「タイミングが合わなかった。(バックスイングの)トップで『よし、飛ばそう』と邪念が入ってしまった」。ダブルボギーのフィニッシュに笑顔は無かった。

結局、小山内が終盤2ホールでトリプルボギー、ダブルボギーと乱れたため首位タイ、そして最終組を確保。しかし首位に4人が並んで最終日を迎えるのは2004年の「ミズノオープン」以来7年ぶり。そして5打差以内に23人という大混戦を呼んだことに「結果的に面白くさせてしまった。(後続選手を)やる気にさせてしまった」と話した。

それでも試行錯誤を続けるスイングは「日に日に良くなっている」と、その表情からは予選ラウンド2日間のような切迫感は薄れてきた。「いくらリードがあっても勝つことは難しい。明日は簡単な一日にはならない。バーディパットが入るゴルフができれば自分にもチャンスはある」。最後まで不動心を貫き、勝利の女神を振り向かせる。(神奈川県横浜市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 キヤノンオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!