ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全米オープン
期間:06/16〜06/19 コングレッショナルC.C(メリーランド州)

石川遼

「初日は30位以内に入りたい」遼、2度目の全米オープンに挑む

2011年の「全米オープン」開幕を翌日に控えた15日、石川遼藤田寛之Y.E.ヤンらと共に午後からイン9ホールの練習ラウンドを行った。ペブルビーチでの好スタートのゲンを担ぎたい石川は、去年と同じウェアのカラーローテーションを計画していたが、「あれ、初日は赤じゃなかったでしたっけ?」と勘違い。既にこの日は大勢のギャラリーが会場を訪れて雰囲気は本番さながらで、去年の初日と同じピンク色のウェアで登場した石川は、さながら開幕が1日早まったかのようだった。

初日も10番スタートとなる石川は、この日も本番を想定して10番スタート。池越えで218ヤードのこのホール、7Iで放った石川のティショットはグリーン右手前の斜面に当たって池へと吸い込まれた。

それでも9ホールの練習ラウンドを終えた石川は、「ドライバーのスイングはすごくいいし、それがアイアンでもできればいい。下半身リードじゃない時に左に行く」とミスの原因は把握できており、不安の色は無い。

初日は30位以内に入りたいと目標を掲げる石川は、「明日は朝が早いので、まずはしっかり休むこと」と、ホールアウト後の練習も短めに切り上げて初日に備えた。

「メジャーでは流れが大事」とキャディの加藤大幸氏は言う。難易度の高い10番からスタートする石川にとっては、続く11番も含めてどう乗り越えていくかが非常に重要だ。「最初の3ホールをパー・パー・パーで行ければいい」というが、3人の中で一番にティショットをする石川は、初日の第1打から今週の結果を左右しかねない大きなショットが待ち受けている。【メリーランド州ベセスダ/今岡涼太】

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。