ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼、池も林も何のその! ピンチをしのいで上位キープ

2009/11/13 18:00


「三井住友VISA太平洋マスターズ」2日目を、首位に1打差の4位タイで迎えた石川遼。この日は初日に比べてドライバーとアイアンの精度に欠け、多くのピンチを迎えた。それでも4バーディ、3ボギーの「71」にまとめ、通算5アンダーでフィニッシュ。首位と5打差に踏み止まり、13位タイの位置で決勝ラウンドに臨む。

最初のピンチは、前半の3番パー5。グリーン手前のバンカーに捕まった2打目は、不運にも目玉状態に。ピンまで40ヤードと距離があり、砂も柔らかめで距離を合わせるのが困難な状況だったが、「振り抜きやすいスタンスにして、なるべく(クラブを)鋭角に入れた。今までに経験のない打ち方だったけど、自分の感性を信じた」と、4メートルに寄せてバーディを奪う。

後半に入ってもピンチは続く。11番パー5ではティショットが右の林へ。アドレスはとれるものの斜め後方の木が邪魔となりフォローが満足に取れない状況だったが、シャフトを木に当てながらもショットを敢行。だが、ボールはフェアウェイを突き抜けて今度は左側の林へ消え、カート道の上に。救済を受けてラフから放った3打目は、グリーン前方にそびえる木を越すことができず、枝に当たり30ヤードのアプローチを残す。この4打目を1メートルに寄せ、辛くもパーでしのいだ。

そして最終18番パー5。左のバンカーから放った2打目は距離が足りず、グリーン手前の池へと落ちる。ボールは縁から3メートルほど離れた位置に落ち、「これまで打ったウォーターショットの中で一番深かった」と、ボールは水面ギリギリまで浸かっていたという。だが、グリーンをオーバーしたものの見事に一発で脱出。左足下がりの難しいアプローチが残ったが、2メートルに寄せてパーセーブ。「明日につながるパーでした」と、ピンチから一転、決勝ラウンドへ弾みをつける結果へとつなげた。

「全体的には良かったけど、昨日の自分と比べてしまい、無理やり良い時の感覚を取り戻そうという焦りもあった。明日は、朝から新しい気持ちでプレーしたいですね」。首位に5打差は、まだまだ逆転圏内。決勝ラウンドでも大いに沸かせてくれそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。